強い個人事業主のビジネスコミュニティー INDYELLポータルサイトはこちら
セミナー開催一覧を見る

個人事業主のお悩みQ&A

Q
何を誰にどうお願いすればいいのか全く分かりませんが大丈夫でしょうか?
A
お気軽にご連絡下さい。

何を誰にどう、いくらくらいでどんな時間でお願いすれば良いのか。ヒアリングさせて頂いた上でご提案させて頂いておりますので、お気軽にご連絡下さい。

回答した
INDYELL会員さん
秘書サポート
秘書デザイナー 宮川典子

得意分野:

個人事業主専門秘書
詳しく見る
Q
秘書とはどんなサービスをしてくれるのですか?
A
単なる業務のサポートだけではなく、あなた自身をサポートしてくれるのが秘書です。

あなたのお困りごとを全て解決して欲しいと思ったら業務代行ではなく秘書を検討されるのが良いと思います。

回答した
INDYELL会員さん
秘書サポート
秘書デザイナー 宮川典子

得意分野:

個人事業主専門秘書
詳しく見る
Q
業務が多すぎて手が回りません。誰にお願いすれば良いですか?
A
業務委託という方法もありますが、秘書という選択肢もあります。

まずはどんな選択肢があるかを確認してみるのが良いと思います。

回答した
INDYELL会員さん
秘書サポート
秘書デザイナー 宮川典子

得意分野:

個人事業主専門秘書
詳しく見る
Q
プレゼン資料を作らなければいけなくなりました。そのような場合、大体何ページくらい作れば良いですか?
A
一般的には、「1分で1〜2ページ程度」

一般的には、「1分で1〜2ページ程度」(10分のプレゼンなら、10〜20ページ程度)という考え方もあります。ただし、1ページに掲載している「スライドの情報量」と、プレゼンする方の「話すスピード」により、一概に何ページが正解!ということはなく、人により適正枚数は異なります。 プレゼンの場面では、時間制限があることも多いですので、まずはご自身が資料を数枚作ってみて、それを実際に声に出してリハーサルし(録音したり、時間を測ってみて)実際に自分がどれくらいの情報量を、どのくらいのスピードで話しているのかを把握し、適正枚数を判断するのがお勧めです。

回答した
INDYELL会員さん
資料デザイン制作
久保寺麗

得意分野:

PC関係, デザインブランディング
詳しく見る
Q
お客様向けの提案資料や、説明用のプレゼン資料を作りたいけれど、どんな内容を載せたら良いのか、どこから手をつければ良いのか悩んでいます。資料に掲載する内容はどのように決めたら良いですか?
A
「お客様からよく聞かれること、お客様が知りたいこと」を資料に掲載して行く

お客様に提案したり、説明したりするための資料作りにおいて、大切なのは「お客様目線」です。 つい、こちらが言いたいこと・伝えたいことを資料には盛り込みたくなるのですが、 そうではなく、「お客様からよく聞かれること、お客様が知りたいこと」を資料に掲載して行くことがポイントです。 また業種や提案内容によっても、盛り込むべき内容は変わりますので、そのような構成から提案してくれるプロに一度ご相談されても良いかと思います。

回答した
INDYELL会員さん
資料デザイン制作
久保寺麗

得意分野:

PC関係, デザインブランディング
詳しく見る
INDYELLのポータルサイトはコチラ
SPECIAL THANKS!
プライバシーポリシー

©INDYELL All rights reserved